こんな飲み物ご存知ですか

学生時代、ヨーロッパを旅行中にポルトガルはリスボンのカフェで

 飲んだものです。 コーヒーと同じ器に(基本的にデミタスカップ)に

レモンの皮をむいて、それに熱いお湯を注ぐと 香りのよい薄い黄色の

飲み物になります。 レモンの実は入ってないのですっぱくはありません。

本当に香りがよくこれに砂糖を入れて飲むととてもすがすがしい気持ちになれます。

現地の言葉で 『カリオッカ・デ・リマン』と呼ばれています。 

もし興味をもたれたら 作ってみるのもよいかと思います。  何より簡単ですので。

 できれば、無農薬で栽培された国産のレモンがよろしいかと!!

 

店主  12月20日

美味しいコーヒーはいかがですか?

コーヒー、それはランチメニューに欠かせないものとなってきた今日、

いかに美味しいコーヒーを提供出来るかを模索してきました。

今までは最低でも3人分くらいをそのつど豆から挽いて淹れておりましたが、

さらに1人前から入れることの出来るマシンを探しようやく導入しました。

お食事を終え、コーヒーの注文を受けた時点でスイッチを入れると、

1または2人分のコーヒーを豆の状態から挽き始め,淹れてくれるわけです。 

わずか30秒足らずで抽出できるので,お待たせする時間もなく良かったなと

思っております。 今後は豆の焙煎具合とか、挽き具合とか、検討してみたいですね。

より美味しいコーヒーを目指して!!

ちなみにマシンは デロンギ全自動コーヒーメーカー マグニフィカ

 

コーヒー好きな店主  12月3日

 

 

 

高校時代、部活の後は腹がへる

授業が終わると部活に頑張っておりました。

それほど強い学校ではありませんでしたが、それども毎日数千メートルくらいは

泳いでいました。 県大会までは行きますが決勝に残れるかどうかというところでした。

その部活の後の話なんですが、腹がとてもへるわけです。 それで帰りに学校の近くの

そういった店に寄ることになります。 お金もあまり無いので、安くて量のあるものを

狙うわけです。  飲み物といえば、当時『コカ・コーラ』1本35円でしたね。

確かほかには『ミリンダ』、や『ファンタ』それに値段が同じで量のもっとも多いのが

『チェリオ』でした。 当然『チェリオ』でのどの渇きを潤し、次に焼きそばか、

インスタントラーメン。 このインスタントラーメンですが、好みのものを選んで

店のおばちゃんに渡すと、野菜を少々入れてその場で作ってくれるんです。

とても安くてうまかったですね。 当時は学生手帳に100円札を折りたたんで

忍ばせていました。 価値ある100円でした。 ラーメンは作ってもらって

40円ぐらいだったかな?

懐かしい思い出です。

店主  11月23日

 

 

店の近くのラーメン屋さんの数

店の近くにあるラーメン屋さん、いったい何軒あるのだろう?

おおよそ2kmほどの距離で数えてみました。

 幸 :   来来亭、 幸楽苑、 麒馨、三九

 住吉 :  めんくい亭、 丸源、 福隆

 和合 : 龍の子

 泉 : 藍麻翔

 萩丘 : とんやん、 九龍閣

一部中華料理屋さんも入っておりますが、ざっと10軒はあります。 ほとんどのお店

は足を運んでおりますが、そのとき何が食べたいかによって店を選んでおります。

ラーメンは色々と味がありまして、一言では言えませんが、美味しい一品ですね。

 店主  11月15日

 

静大祭イン浜松

今朝昨日出前の器を取りに静大工学部に行ったところ、なにやら『静大祭』を

開催しておりました。 早速かえって調べたところホームページには次のように

載っておりました。

 『静大祭とテクノフェスタイン浜松を毎年11月第2土曜日と日曜日に同時開催しており

約1万人の来場者でにぎわっています。  小、中、高校生と市民の皆さんが

科学技術の面白さ、楽しさを体験したり,最新の研究テーマに触れたりします。

同時に開催される静大祭では、サークル活動の展示、模擬店、ライブなどが盛大に

行われます。』

 

近くに住んでおりますが、なかなか行くことが出来なくて残念です。  もしお時間あれば

入ってみてはいかがですか?

 

店主  11月13日 第2土曜日

 

最近ギターを弾き始めました

学生時代、フラメンコの魅力に取り付かれておりまして、毎日ギターの練習に

明け暮れておりました。  数多くのLPレコードを先輩の下宿で聞かせてもらったり

フラメンコ談義を繰り広げたり。  それから30年も過ぎますと、なかなか

ギターを持つことは少なくなり、ここ10数年ほとんど弾いて無かったですね。

ところが無性に弾きたくなりまして、しまいこんであったギターを取り出し、弦を

張替え早速弾いてみました。  ところがあまりにも下手くそになっている自分に

愕然としたものです。  頭の中では当時のイメージが残っているだけに、現実との

ギャップにただただ驚くばかりです。  それでも、指を動かすことはボケの予防に

なるのではないかと、気を取り戻し練習を始めることにしました。 指は痛いし、

おまけに手がつりそうで。  ああ学生時代が懐かしい!!

 クラブの顧問にフラメンコ大好きなスペイン人の教授がおりました。

 

店主  11月12日   

 

エルヴィス プレスリーの故郷

テネシー州 メンフィスはブルースでも有名ですが、エルヴィスの故郷でもあります。

32年前当地を訪れたその日は、エルヴィスが亡くなってちょうど1年目でした。

市内のホテルというホテルはほとんど一杯で、エルヴィスを崇拝する信者で

とても賑わっていました。 特に興味があったわけではありませんが、エルヴィスが

亡くなって翌日の当地の新聞を知り合いからいただきまして、今でもどこかに

しまっております。  ほとんどの紙面がエルヴィスのことで埋め尽くされており

結構分厚いものでした。 その晩はホリデイ・インのバーで一杯やりながら

生演奏のブルースを聴いておりました。 バーボンで。  翌日ナッシュビルへ移動です。

 また続きを書くことにします。

 

店主

 

アメリカでの記憶に残る食事とは?

アメリカにも数年ほど住んでおりまして、ロサンゼルス郊外のオレンジ郡というところ

ですが。  ディズニーランド、ナッツベリーファーム、それにアナハイムスタジアムが

近くにあって、よく行ったものです。  アメリカという国は移民の国といわれているので

アメリカ独自の料理というのがあるのかな? と考えながら各地を訪問していましたが地域ごとに色々とあるみたいです。  南部地域に行った時には、なまずの揚げたもの(フライとでも

いうのでしょうか)それにハッシュパピーといってとうもろこしの粉を練って団子状にして

油で揚げたものがよくメニューに載っていました。 結構いけますよ!  また朝食には

これもとうもろこしで作ったお粥みたいなもので, グリッツというのがあります。

 これはあまり好きではなかったですね。 テキサスのヒューストン近郊には なまずの

養殖場がたくさんありました。 スーパーではかわを剥かれたなまずがたくさん

売られておりました。  長くなりますので今日はこの辺で

 

店主

 

 

カメルーン料理を食べてきました。

前のブログの続きになりますが、カメルーンに行ったときのことです。

当時はカメルーンのヴィサは日本で取得できず、フランスで4日程かかりました。

その間例によって例のごとく、エッフェル塔、凱旋門、を見学しセーヌ川ほとりで

コーヒーをのんだりしましたね。  さてカメルーンでは、カメルーン料理屋に連れて

行ってもらいまして、当地ならではのご馳走をいただきました。 

ヤムいものマッシュポテト、ボアのクリーム煮(でっかい蛇をぶつ切りにして

皮の模様がついたままの状態) ガゼルのステーキ それに 現地のでっかいエビの

マヨネーズ和え。  このエビがとてもグロテスクで、でもこれはエビ大好きの

日本人好みの味で超美味でした。 料理全般に当時でも味は洗練されているみたいで、

それほど違和感はなく美味しく頂いてきました。 

他にも色々とあったと思うのですが今となっては思い出せなくて 残念です。

ボアの調理方法ですが、アバラ骨があって食べにくかったです。

日本で食べるうなぎのように、背開きにしてもらえると助かるな!っと強く思いました。

 店主  11月4日

アフリカに行かれたことはありますか?

かれこれ30年程前になりますが、西アフリカへ行く機会がありました。

リベリア、アイボリーコースト、カメルー、ガボンという国です。 出国前に、

予防接種を色々と打ちましたが、まずコレラ、破傷風、それと 野口英世で有名な

黄熱病です。 またマラリア予防薬としてキニーネの錠剤も持参しました。 他にも

抗生物質もかなり用意した記憶があります。  現地では、生水は飲むな。 生野菜もだめ。

氷も危険。 肉は絶対にウェルダンで!  水はフランスからのミネラルウォーター,それも

 必ず自分であけること。 ビールはオーケー。   いくら注意しても、残念ながら

抵抗力の弱い我々日本人はどうしてもやられちゃうんですね。  ひどい下痢に何度も

泣かされました。  其のつど持参の薬に頼りました。

悲惨でした。    長くなりますので続きはまた。  日本はほんとに良いところですよ。

 

店主  11月2日

 

浜松うなぎ鰻ぷくまつりのご案内

浜松市では 11月1日(月)〜30日(火)の日程で ”浜松うなぎ鰻ぷくまつり”が

開催されます。  コジマヤ幸店を含め市内54店で食事をしてアンケートに

答えていただければ、抽選で100名様に ”うなぎ料理3,000円分お食事券”

をプレゼントいたします。応募用リーフレットは各お店に用意しております。

ふるってご参加下さい。

 主催は浜松商工会議所 浜松うなぎ大好き宣言プロジェクトでした。

 

浜松うなぎの特徴、それは浜名湖がうなぎ養殖の発祥地ということだけでは

ありません。 浜松は東京と大阪のちょうど中間地点に位置しているので

関東風、関西風の両方のうなぎ料理店が存在しています。 是非浜松で

2度うなぎを味わってみてください。

 

店主  11月1日

 

 

うなぎやの四季

少しばかりお休みさせいただきましたが、これから心機一転、『うなぎやの四季』

として出直しますので、よろしくお願い致します。

さて10月は衣替えの月、コジマヤでも玄関の暖簾が冬用となりました。 どこが

違うかって?  夏用は白地に緑(山椒色)の文字で、冬用はその逆の

緑地に白抜きの文字で表しています。 近くを通りがかったら一度ご覧下さい。

夏用は4月の代一週に取り替えます。

 

店主  10月29日

 

 

ホームページをオープン!!

本日2月の3日、コジマヤホームページをついにオープンしました!

今後こちらのブログに新着情報を毎日記載していきますので、ぜひともご覧下さい!!

 

本日は定休日ですので、明日からのお客様のご来店をお待ちしております。

 

店主 別所

 

やはりどうしても冬季オリンピックの結果が気になります。 その中で、男子スピードスケートの

長島選手、加藤選手が銀、銅メダルを取ったことは、とても嬉しく思いました。 

まだまだ競技は続きますが、 『日本頑張れ!!』 と応援してます。

 バンクーバーは過去二度(もう20年程前になりますが)お邪魔しましたが、とてもいいところです。

スモークサーモン、アラスカ産キングクラブレッグのステーキ、とても美味しかったですね。

また行きたいです。 無理かな?

 

店主 別所