タレへのこだわり

うなぎへのこだわり.jpg
うなぎへのこだわり1.jpg
■創業55年の”秘伝のタレ”は蒲焼屋の命!!

うなぎ屋の”秘伝のタレ”は商売の元です。
うなぎの裂き、串打ち、焼、にもそれなりの熟練と技術を要しますが、味=秘伝のタレは一生物であって、ここにお客様の満足(美味しさ)が凝縮していると思います。

先代から預かったこの味を一生かけて、大切に守っていくものです。

うなぎ屋の味においては、創作はありません。
裏を返せば、それは乱れも生じにくいといえます。

”秘伝のタレ”
商売としてもっとも大切な根源ともいえる顧客満足が、そこに保証されている
といえそうです。先代の偉大さがそこに見えてきます。


■コジマヤのタレ
非常にシンプルで、基本に忠実なタレです。
地元浜松で醸造された醤油に、三河の本味醂それと砂糖に飴を少々。
添加物(科学調味料等)は一切使用しておりません。
後は50年余に及ぶ歴史の味が加味され、まろやかで若干甘めのコクのある味わい。(添加物を使用していない為、時間の経過とともに色落ちすることは、ご了承いただきたい。)

うなぎ屋にとって「タレ」はお店の顔ですね。


→山椒へのこだわりへ進む